あきらめないで。銀座HALクリニックにご相談ください。

脱毛

1種類の脱毛レーザーでは、完全な脱毛は不可能です。全身の毛には太〜細までがあり、個人差もあります。1種類の脱毛レーザーでは、到底対応することはできません。当院では、3種類の脱毛レーザー機器を導入し、高い効果をあげています。
また、当院では日本人に安全で本当に効果があるのかどうかを研究し、学会に発表してきました。これらの臨床データを基にして、多くの患者様により効果的な脱毛治療を提供しています。

脱毛レーザー光の特性

レーザー光は波長とパルス幅で分類されます。メラニンによく吸収される波長は650-1100nmです。この波長を脱毛レーザーに利用しています。
パルス幅の分類は、ショートパルス(<1.0ms)、ロングパルス(1.0~100ms)、スーパーロングパルス(100ms<)に分けられています。通常の脱毛レーザーはロングパルスです。

レーザー光の脱毛作用の問題点

従来の脱毛レーザー光は黒い毛にあたると瞬間に100℃になり毛は乾燥します。しかし、毛の周囲は水で囲まれていますのでもはや熱源とはならなくなります。つまり毛の再生部分に熱が十分に加わらないために脱毛効果が不十分となります。そのため、HALクリニックでは、独自の効果的な脱毛方法(スーパーロングパルス脱毛)を導入しております。

ロングパルス脱毛からスーパーロングパルス脱毛へ

この欠点を無くすためには毛を100℃にして乾燥させるのではなく、毛を65-75℃に長い時間保つことが重要だとわかりました。つまりスーパーロングパルス脱毛が開発された理由がここにあるのです。
肉眼的には通常のロングパルス脱毛レーザーを毛に照射すると毛が飛び出てきます。ところがスーパーロングパルス脱毛レーザーを毛に照射しても毛が飛び出てきません。
脱毛レーザーと脱毛のメカニズムについて熟知していないと、この優れたレーザーを照射しても毛が飛び出てこないので脱毛効果がない、という誤った判定をしてしまいます。

ロングパルスとスーパーロングパルスの脱毛効果
ロングパルスとスーパーロングパルスの脱毛効果

スーパーロングパルス脱毛レーザー

スーパーロングパルス脱毛レーザーを照射後2ヵ月、皮膚にまだ毛が残存していて脱毛効果がないと思えますが、その部分の病理組織写真で毛球は破壊されています。皮膚に毛が無い部分の毛球は、完全に破壊されていることがわかります。
脱毛レーザーのパルス幅はロングパルス30-50ms(30-50/1000秒)がよいとされてきましたが、スーパーロングパルス脱毛レーザーの登場によりパルス幅は100-1000msが利用されるようになりました。
このスーパーロングパルスを用いた脱毛レーザーはアメリカのPalomar社のSLP1000のみで、他の脱毛レーザー機器には見当たりません。当院ではこのスーパーロングパルス脱毛レーザーを日本人に安全で本当に効果があるのかどうかを、動物とヒトで研究し発表してきました。
これらの学問的および臨床的に豊富なデータを基にして、多くの患者様により効果的な脱毛治療を提供しています。

スーパーロングパルス脱毛以外の脱毛も各種の脱毛機器をとりそろえていますのでご相談ください。

病理組織写真(毛球):レーザー照射前
病理組織写真(毛球):レーザー照射前
病理組織写真(毛球):レーザー照射後2ヵ月(毛がない)
病理組織写真(毛球):レーザー照射後2ヵ月(毛がない)

ハイスピード脱毛

文字通りハイスピードで脱毛できます。スーパーロングパルス脱毛との移行も可能ですので、1年コースの患者様はご希望に応じてどちらでもご利用になれます。

ワキ:脱毛前
ワキ:脱毛前
ワキ:5回治療後(2ヵ月)
ワキ:5回治療後(2ヵ月)

テンポラリー脱毛

脱毛に期間をかけたくない、結婚式やパーティが間近に控えており時間がないという場合に最適です。肌が白くスベスベになります。永久脱毛にはなりません。

下腿:脱毛前
下腿:脱毛前
下腿:5回治療後(2ヵ月)
下腿:5回治療後(2ヵ月)
PAGE TOP